白州巡礼
白州フェスティバル 1994
山梨県

雑草で覆った自動車のオブジェ=人工物の自然化、正四面体の中に自然物を詰め込んだオブジェ=自然物の人工化からなる。フェスティバル期間中、主要道路を周回し、途中の5地点で、毎回その場の要素と即興的に絡み合わせた、1日限定のインスタレーション展示を行う。

自然から収奪することで、経済が成り立つ。収奪することで、将来資源は枯渇する。自縄自縛パフォーマンス。

白秋フェスティバル
芸術家集団「風の又三郎」と田中泯率いる舞踏集団が行った、野外アートフェスティバルの草分け的存在。榎倉康二氏の紹介により参加。

展示試作