Open Sight
東京芸術大学801アトリエ
1995.11

建築物と一体化して作られたこの作品は、8階からのロケーションを利用して、あたかも空中に投げ出されるような身体感覚を与える。窓部の踊り場まで階段をしつらえ、体全体が窓に直面し視界が大きく開けるように設定した。開口部は狭く潜り込むようにして入る。内部は窓部の反対側と床部を覆う鏡、一人が立つ部分以外の薄く張られた水で出来ている。また夜間はブラックライトで照明された。

Open Sight 1995.11  at 801 atelier in Tokyo University of Art and Music
This work united with the existing wall is aimed to give the audience physical feeling as if they are thrown into the air by utilizing the location of 8th floor. The staircases are set to the bay of the window, the entrance is narrow and audience have to crawl to enter. Inside, the wall of opposite side of the window and part of the floor only one person can stand are covered with mirrors, the rest of the floor is covered with water. During the night time, it is lighten up by black light.

展示風景-昼

展示風景―夜

全体設計榎倉康司氏が亡くなられた直後の展示となる。公開でパフォーマンスを行う。悲しみを、行為で表した。