それでも城は崩れ、扉は開かれる
布、石、ビン、アクリル板、その他
東京デザインセンター
1994.3

会場と両端に作品を設置。リサイクル・ビンを積み上げた「城」と、石が積みあがって開かなくなった「扉」という意味を持たせた。メッセージに対して賛同した観客は、リサイクル・ビンと石を、自由に会場内に移動できる。観客参加型で作品が変化する、コンセプチュアル・アートを試みた。

メッセージ・背反する言葉が表裏に書かれている。

正面ー精神世界を信頼しなければならない。宇宙との接点を見失わないために。
反対面ーではあなたは自然界に対する防御を、取りのぞく勇気を持っていますか。


正面ー物質世界を信頼しなければならない。社会との接点を見失わないために。
反対面ーではあなたは整合化された世界を崩して、再構築する勇気を持っていますか。

扉 部分

城 部分
参加者スナップ
全体風景「環境と行為-宇宙大企画民展」というタイトルで、東京芸大・修士課程以上の、油画科と建築科メンバーでグループ展を行った。

屋外展示作品